私が保険を解約したワケ

保険

以前の記事でも書いたことがあるんですが、私何度か保険を解約しています。

解約した中では特に貯蓄性の保険が多いんですが…もう保険では貯蓄せーへんねん。

なぜかというと…

  • 資産が固定される
  • 保険料の払込をストップできない
  • 利回りが悪すぎる

からです。

1. 資産が固定される

一旦契約すると、預金みたいに引き出せないでしょ?貯まってるお金を使いたいと思ったら、解約しないとあかん。いざというときに自分の資産を使えない!

いや実は「解約したくないけどお金が必要」という人に対しては、契約者貸付という方法もあるんですけどね…。(貯まってる積立金の額によって借りられるお金の額も変わってきます。)

私も解約の連絡したら「貸付できるよ」と言われましてね…。

その話はこちらに↓

関連 個人年金を解約したい!加入して2年、もう1年待った方がいい?

「教育資金とか老後資金という目的があって貯めるんだから、強制的に貯められるのは貯蓄型保険のメリット!」という意見も聞くけど、

でも「いざ」というときって、「いざ」の方が優先じゃない?目の前の「いざ」を乗り切ってやっと未来の目的に備えることができるんだし。

「いざ」っていうのは例えば貯蓄がないのに収入がストップしたときとか。

つまり無職ね…チーン

夫が失業給付受けてても、全然足りないし、どっかから生活費を絞り出さないとあかんやん?

いやあ、今回のオットの失業で現金が手元にあることの大切さが身に染みたわ〜。幸いウチは保険解約してたからわずかばかりの貯蓄はあったけど。

余談やけど、無職の状態で一番こたえた支出は社会保険料(国民健康保険・国民年金)でしたわ。
何せ高額!!節約できへんとこやし!

2. 保険料の払込を中断できない

失業とかになったら、できるだけ支出をカットせなあかんのに保険料払ってる場合じゃないやん?でも、保険持ち続けてたら保険料は滞りなく払わなければならないんです。

iDeCoも解約できへんのとちゃうん?

ウチは以前から夫の名義でiDeCoをやっています。

そうなんです。iDeCoも60歳になるまで資金を引き出せないので資産が固定されるのは保険と同じ。

でも、iDeCOの場合は家計が苦しいときに掛け金の金額を下げたり(最低金額は5,000円/月)一時的に掛け金の拠出をストップできるんです。※金額変更は年に1回だけ(毎月定額で拠出している場合)

書類取り寄せたりして、手続きはちょっと面倒やけどね。

保険に関しては

生保の営業さん
生保の営業さん

老後のために個人年金1つくらいは持っておいた方がいいよ〜。節税にもなるしねー。

っていつも職場にくる生保のおばちゃんに言われると思いますが、(私も言ってたしww)

特に若い人は、今は金銭的に余裕があるかもしれないけれど、将来状況が変わるとなにが起こるかわからないので、どういう方法で貯蓄するかはよく考えた方がいいと思います。

確かに元本は(普通は)保証されてるんだけど、返戻率が100%を超えるまでに解約しちゃうと結局元本割れってことになるからね〜。それもリスク。

3.利回りが悪い!!

利回りって聞いたことあります?ざっくり言うと、利益を必要経費で割ってさらにかかった年数で割ったものです。

多くの金融商品では利回りという言葉が使われますが、保険で出てくるのは返戻率(へんれいりつ)と予定利率

「A社の学資保険の返戻率は106%,B社は110%だからB社の方がお得!」というように返戻率と言う言葉が使われます。

この返戻率がやっかいでね〜、106%って聞くとなーんとなく利率6%みたいな印象を受けません?でも違うんですよね〜。

返戻率106%の場合、払込保険料が100万円だったら満期金は106万円受け取れます。
つまり受け取るお金が払ったお金の何%に増えたか(減ったか)を表してるのよ。

そして、もう1つ勘違いしやすいのが予定利率。これは一般的に言う「利率(金利)」とは別物で保険料に対してお金が増える割合ではありません

保険独自の基準が2つもあって、結局どのくらい儲けが出るのか、他の金融商品と比べてどうなのか、全然わかりませんよね〜。

保険の利回りってどれくらいなの?

実際にわが家で契約していた学資保険を例にちょっと計算してみました。

下の子が2歳のときに契約した学資保険の内容は

保険料 14,989円/月
払込期間 16年
予定利率 1.15%/年

満期金の受け取りは
18歳のときに60万円
19歳で60万円…というように
合計300万円受け取れる商品でした。

わかりやすいように
保険料は15,000円、
16年後に一括で300万円受け取れるとすると

 ↓

払込保険料 288万円
受け取り額 300万円(ちなみに返戻率は約104%)
利益 12万円
利回り 0.51%(小数点3位を四捨五入してます)

運用した場合はどうなの?

保険ではなく、積み立てで運用したらどうなるのかも計算してみます。
この場合、利回りを何%と見積もるかが難しいところだと思いますが…

2%で運用したと仮定して

2%はそんなに高くない利回りです。

積み立て金額 1万5,000円/月
期間 16年
利回り 2%

 ↓

投資額 288万円
総額  約339万円
利益  約51万円

これやったら保険解約時に損しても、その解約返戻金を元に投資した方が全然いいわ!と私は判断してつみたてNISAを始めるために学資保険を解約しました。

もちろんリスクはあるけどね〜。

  • この保険持っといた方がいいん?解約した方がいいん?
  • 今解約するのと、もうちょっと続けるのとではどっちが得?
  • 私の場合、どんな保険が必要?

など、お悩みのママさんには個別にご相談に乗ります。お気軽にお問い合せくださいね!

ちなみに私は保険についてはオススメはできますが、売ることはできませんので〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました